子供の矯正治療

大人の矯正と子供の矯正の大きな違いは、子供には成長があるということです。
上顎は12歳頃まで、下顎は思春期成長が終わる時期まで続くとされています。子供の頃の矯正治療は、この成長発育をうまく利用し、永久歯列での顎のずれや歯並びの異常を可能な限り改善する必要があります。
子供の頃の治療のメリットは様々あります。

1.永久歯列期での治療を容易化する

成人の治療になると、顎骨の成長は見込めません。著しい歯の凸凹や上下の顎のずれが見られる場合は、抜歯をして治療を行う場合もあります。そういった大人になってからの治療を最小限にするために、子供の頃の治療を行ったほうが有利になる可能性があります。

2.外傷のリスクを軽減する

上顎の前歯が前に飛び出している場合、正常な咬み合わせの人と比較して、歯の外傷のリスクが飛躍的に大きくなります。
また咬み合わせが深く、下顎の前歯が上顎の歯茎を傷つけているときなど、子供の頃の不正咬合は、さまざまな軟組織、硬組織の外傷の原因となります。このようなリスクを軽減することも、子供の頃の矯正治療の目的の1つでもあります。

3.習癖の除去

舌突出癖や拇指吸引癖など習慣的な癖は、歯を動かす力となり不正咬合を生み出します。口腔周囲筋のバランスを整えることで、筋肉の力で歯並びを改善します。

4.自尊心(セルフエスティーム)を持たせる

自分の咬み合わせにコンプレックスをもっている場合、笑うことに消極的になってしまったり、人と会話することが楽しくなくなってしまうこともあり、人間関係の形成に問題が生じる可能性があります。
きれいな歯並びにすることで、自分自身に自信を持たせてあげることができます。

大人の矯正治療

子供の時と異なり、大人の矯正は顎の発育が見込めないため、歯の移動のみによって歯並びを改善する必要があります。しかし、矯正治療は必ずしも小さい頃から始めていないときれいにならないわけではありません。30代、40代からでも矯正治療を始められる方はたくさんいらっしゃいます。
お仕事でお忙しい方も可能な限り負担なく通院していただけるようスケジュール調整に努めております。また、目立った矯正装置を装着したくない患者様には、目立たない装置、取り外しが可能な装置、歯の裏側につける装置など、患者様のご予算やご要望をお伺いし、最適な治療法を提案させていただきます。

裏側矯正(インコグニート)

患者様のひとつひとつの歯に合わせて作成するオーダーメイドの矯正装置を使用します。裏側につけるので、治療期間中も目立ちにくく、歯の動きを効率的にコントロールします。従来の舌側矯正装置に比べ、装着時の違和感が少なくなっています。歯の大小にかかわらず幅広い年齢層に対応できます。

マウスピース矯正(インビザライン)

患者様の歯に合わせて、インビザラインアライナーというマウスピースを作製します。アライナーを装着することで段階的に歯を動かし矯正を行います。目立ちにくく取り外しができて衛生的、口腔内トラブルが少ない等の利点があります。

ホワイトニング

患者様からのご要望により、当院でもデジタルホワイトニングをはじめました。診療室でドクター及び衛生士が施術を行うオフィスホワイトニング、患者様にご自宅で使用いただくホームホワイトニングの2種類があります。

治療例

(1) 叢生:八重歯や乱杭歯などの歯の凹凸

治療前

治療後

(2) 下顎前突:うけ口、下の前歯が前に出ていて、咬み合いが逆になっている

治療前

治療後

(3) 上顎前突:出っ歯、上の前歯が前に出ている

治療前

治療後

(4) 開咬:上下の前歯の間に隙間があり、咬んでいない

治療前

治療後